iKONのKPOP韓国音楽・歌手ニュースのwowKpop

KPOP情報のwowKpopトップへ
KPOP韓国音楽
「iKON」、アジアツアー台北公演でファン熱狂…「LOVE SCENARIO」大合唱
「iKON」、アジアツアー台北公演でファン熱狂…「LOVE SCENARIO」大合唱の画像
「iKON」が22日、台北で「iKON 2018 CONTINUE TOUR」を開催し、アジアツアーの本格的な始まりを告げた。(提供:OSEN)
「iKON」がソウルに続き、台北を熱くした。

 「iKON」は22日、台北で「iKON 2018 CONTINUE TOUR」を開催し、アジアツアーの本格的な始まりを告げた。

 会場には、KONBAT(「iKON」スティックライト)を持つファンがぎっしり詰め掛けた中、「iKON」は久しぶりに会うファンに「BLING BLING」、「SINOSIJAK」を披露し、公演の幕を開けた。

 「iKON」は8月にリリースした「NEW KIDS : CONTINUE」のタイトル曲「KILLING ME」に加え、「ONLY YOU」を熱唱。ほかにもBOBBY、B.Iのソロ曲「HOLUP! 」、「ONE AND ONLY」で会場の雰囲気を熱くした。

 この日、メンバーはファンのため英語と中国語でステージを進行。より近くでファンと触れ合ったおかげで、公演中ずっと「iKON」とファンは同じ気持ちで、歌とステージを楽しむことができた。

 ことし上半期、国内外の音源チャートを席巻した「LOVE SCENARIO」、「FREEDOM」のステージでは、大合唱が続いた。B.IとBOBBYは客席を左右に分けて大合唱バトルに乗り出し、2人の音頭に観客は「LOVE SCENARIO」と「FREEDOM」を大合唱して感動を届けた。

 コンサートが終わりに近づくと、「iKON」は「LOVE SCENARIO」を中国語バージョンで歌い、もう一度大歓声を浴びた。

 「iKON」は「本当に愛しています。いつも皆さんの応援に力をもらっています。台北のファンの皆さん、本当にありがとうございます」と中国語で最後のあいさつをした。

 8月のソウルに続き、台北のステージに上がった「iKON」は日本ツアーを並行しながら、10月13日クアラルンプール、19日~20日バンコク、11月4日シンガポール、11日マニラ、18日ジャカルタ、25日香港などを回る「iKON 2018 CONTINUE TOUR」を展開する。

 なお、「iKON」は10月1日にニューミニアルバム「NEW KIDS : THE FINAL」をリリース。タイトル曲「GOODBYE ROAD」をはじめ、「DON'T LET ME KNOW」、「ADORE YOU」、「PERFECT」など4曲が収録される。

 ことし「LOVE SCENARIO」、「KILLING ME」を通じて、ジャンルを行き来しながら魅力を発揮してきた「iKON」は新曲「GOODBYE ROAD」を通じて、さらに成熟した音楽とステージを届ける予定だ。
2018/09/23 11:33:23 入力





【iKONの関連ニュース】

1

【総合】「BTS(防弾少年団)」に会ったナ・ヨンソクプロデューサー“今日は三流MCと一緒に”

2

「INFINITE」のソンジョン、本日(5/8)召集解除…「これからも多くの活動で恩返しをする」

3

「BTS(防弾少年団)」のV、「存在自体が親孝行な男性アイドル」の1位に…「父は僕の夢」と語った過去も

4

グループ「ENHYPEN」、音源・音盤・音楽番組をオールキル…毎瞬が新記録

5

チョア(元AOA)「株式に残ったお金を全部投資…収益率55%」

6

スヨン(少女時代)、姉チェ・スジンのミュージカル応援…「固い姉妹愛」

7

クォン・ウンビ(IZ*ONE)、グループ解散後初の活動開始…「woollim THE LIVE」でIU(アイユー)の楽曲カバーへ

8

歌手PSY、自己管理が足りない?痩せた体つきにHeizeも「美脚」

9

「BTS(防弾少年団)」、ナ・ヨンソクPDと番組で特別なコラボ

10

「KINGDOM」出演の「iKON」、メンバー&スタッフともに全員コロナ“陰性”…濃厚接触者のDK(ドンヒョク)は自家隔離を継続へ
会社紹介 | プライバシーポリシー | 利用規約 | ニュース販売
wowKpopを見て、最新の韓国歌手KPOPアーティスト情報を探そう!
Copyright(C) 2004-2021 AISE Inc. All Rights Reserved.