BTS(防弾少年団)のKPOP韓国音楽・歌手ニュースのwowKpop

KPOP情報のwowKpopトップへ
KPOP韓国音楽
中国の大学で「BTS」関連の講義を遮断…中国当局がK-POP検閲か
中国の大学で「BTS」関連の講義を遮断…中国当局がK-POP検閲かの画像
中国の大学で「BTS」関連の講義を遮断…中国当局がK-POP検閲か(画像提供:wowkorea)
先月、アイドルグループ「BTS(防弾少年団)」の朝鮮戦争に関する発言が中国で大きな波紋を広げ、現地の大学で「BTS」関連の講義が事前に検閲・遮断されたとの主張が出てきた。

 15日、香港サウスチャイナ・モーニング・ポスト(SCMP)によると、四川大学-匹兹堡学院(SCUPI)に勤務する韓国籍の助教授チョン・アルム氏は最近、K-POPのソフトパワーをテーマに講義する予定だったが、学校側からBTSに関連した部分を削除するよう指示された。

 チョン教授は学校側の指示を拒否して講義を行わなかったとSCMPとのインタビューで明かした。チョン教授は「学術機関が講義内容を、それもウルトラナショナリズム(超国家主義/特定の国家あるいは民族の利益を他の何よりも追求する極端なナショナリズム)が提起するとんでもない言葉を根拠に、講義内容を検閲することに対して気分を害した」と伝えた。また「わたしは自己検閲をしない」と付け加えた。

 「BTS」は去る10月7日、米国非営利団体「Korea Society」の「ヴァン・フリート賞」を受賞。「BTS」は受賞の心境を問われ「ことしは朝鮮戦争70周年にあたる年で、より意味深い」とし、「僕たちは、両国(米韓)が共に経験した苦難の歴史と多くの犠牲を永遠に記憶していく」と発言した。

 この発言をめぐり、中国のネットユーザーは「朝鮮戦争当時の中国の軍人を尊重せず、中国を侮辱するものだ」と「BTS」を激しく非難した。

 波紋が広がると中国政府は「歴史を教訓として未来へ向けて友好を図ろう」と鎮火に乗り出し、議論が一段落したかのように思われたが、教育現場などでは「BTS」関連の検閲が行われていることを示している。

 SCMPは「中国のミレニアム世代が韓国K-POPの魅力にはまった中、K-POPは中国当局により、政治的に“熱いじゃがいも(厄介な問題)”に変化している」と伝えた。

 北京にある韓国エンターテインメント会社に勤務する匿名の関係者は「K-POPの人気にも関わらず中国でK-POPコンサートを開催することはほぼ不可能なこと」と明かした。ただし、同関係者は「このような規制はBTSの朝鮮戦争に関する発言のせいではなく、高高度防衛ミサイル(THAAD/サード)問題による限韓令(韓流制限令)のため」と説明した。


2020/11/16 15:39:55 入力





1

タレントのホン・ソクチョン、急死した故J.YOONさん(MC THE MAX)を追悼「力になれず申し訳ない」

2

「BTS(防弾少年団)」Vが作った「ボラヘ」、マクドナルドセットのパッケージに登場

3

【公式】5/13に急死した故J.YOONさん(MC THE MAX)の葬儀、16日から非公開で進めると事務所が発表

4

「IZ*ONE」出身の宮脇咲良、「HKT48」卒業を発表…今後の歩みは?

5

歌手イ・ヒョリ、愛犬スンシムとの温かく切ない別れについて語る…「現実を受け入れられなかった」

6

「ATEEZ」、5/16開催チャリティイベント「IDENTITY 2021」でブルーノ・マーズ&アンダーソン・パークのカバーを披露へ

7

自家隔離中のカヒ、所属していた「AFTERSCHOOL」時代を懐かしむ…「今見ても鳥肌が」と自画自賛

8

歌手ソン・ガイン、“44kg”に減量したスリムなボディを披露

9

≪韓国ドラマNOW≫ドラマ「イミテーション」2話、ジヨン(T-ARA)、さすがの“アイドル界の女王”貫禄オーラを発散=あらすじ・ネタバレ

10

ラッパーSimon Dominic、「イ・ヨンジ、バラエティーだけでは惜しいラッパー」…AOMGにラブコール
会社紹介 | プライバシーポリシー | 利用規約 | ニュース販売
wowKpopを見て、最新の韓国歌手KPOPアーティスト情報を探そう!
Copyright(C) 2004-2021 AISE Inc. All Rights Reserved.