ヒョナのKPOP韓国音楽・歌手ニュースのwowKpop

KPOP情報のwowKpopトップへ
KPOP韓国音楽
カムバックしたヒョナ、「前回の健康悪化時は自分に腹が立った…よく食べて運動もして回復している」
カムバックしたヒョナ、「前回の健康悪化時は自分に腹が立った…よく食べて運動もして回復している」の画像
カムバックしたヒョナ、「前回の健康悪化時は自分に腹が立った…よく食べて運動もして回復している」(画像提供:wowkorea)
女性ソロ歌手のヒョナが、健康状態が以前よりよくなったと述べた。

28日午後、オンラインで生中継されたヒョナの7thミニアルバム「I’m not cool」のリリース記念記者懇談会で、ヒョナは健康について言及した。ヒョナは昨年8月に迷走神経性失神の診断を受け、活動を暫定中断したことがある。

ヒョナは「健康が完ぺきに良くなったと自身を持って言いたいが難しい」とし、「無理してはいけないが、ステージに立ちたいから仕方がない。できるだけその時々に対処する方法を見出している」と述べた。

そして「以前よりは良くなった部分がある。周りが良くしてくれて、私もよく頑張り歯を食いしばっている」とし、「健康上の理由でカムバックができなかった時、自分自身に腹が立った。コンディション調節ができず、多くの方々と約束を守れなかったのが腹が立った。それで一日でも早くステージに立つために、よく食べて運動しながら回復した」と付け加えた。

一方、ヒョナは約1年2か月ぶりに7thミニアルバム「I’m not cool」でカムバックした。同名タイトル曲「I’m not cool」は、ムーンバートンリズムと808ベース、エスニックなシンセラインが際立つポップダンスミュージックで、ミニマルな楽器構成が洗練された美しさを添えた。ステージの上で華やかでクールに見えるヒョナは、「実際の私はクールではない」と叫びながら率直な自身の感情を表現した楽曲で、一方で二重的で矛盾的に見える姿を歌詞に盛り込んだ。PSYがプロデュースに参加した。

この他にもアルバム「I’m not cool」には、ヒョナが直々に作詞に参加し“ヒョナらしさ”を最も反映した「GOOD GIRL」、華やかさの裏の寂しい感情を率直に表現した「Show Window」、恋人の歌手DAWN(イドン)が作詞・作曲・フィーチャリングに参加した「Party, Feel, Love(Feat.DAWN)」、そして「FLOWER SHOWER」でトラックリストをいっぱいに満たした。

ヒョナは28日午後6時から各種音源サイトに新曲を公開した後、「I’m not cool」で活発な活動を続ける。
2021/01/28 18:38:48 入力





1

「BIGBANG」出身V.I、アンケート調査“永遠に復帰してはならない芸能人”で共同1位に

2

「BTS」JUNG KOOK、「行ってきます」LAに向けて出国

3

“放送点数0点”イム・ヨンウン対「LE SSERAFIM」の集計結果、結局警察が調査に着手へ=KBS「ミュージックバンク」

4

“もう少し別の方法で知りたかった?”「TREASURE」、イェダム&マシホを除く突然の10人体制の活動…ファンたちも当惑の反応

5

「SEVENTEEN」ジョンハン、「所属事務所の過度のセキュリティが不満、提案しても変わらない」

6

「Red Velvet」のイェリ、ジャズフェスティバルへ…一緒に楽しんだツーショットは誰?

7

【全文】「NINE MUSES」出身のクムジョ、俳優ペク・キボムと9月に電撃婚…「私に大きな信頼をくれた人」

8

「MAMAMOO」ソラ、「BTOB」チャンソプとのキスシーンに鳥肌が立って怒った?

9

イ・ホンギ(FTISLAND)、ミュージカル「マタ・ハリ」の裏話暴露「ソラはチャンソプとのキスの後つばを吐くような…」=「驚きの土曜日」出演

10

「BLACKPINK」LISA、さすがグラビア職人!…白いTシャツ+ジーンズだけ着てもレジェンド
会社紹介 | プライバシーポリシー | 利用規約 | ニュース販売
wowKpopを見て、最新の韓国歌手KPOPアーティスト情報を探そう!
Copyright(C) 2004-2022 AISE Inc. All Rights Reserved.