ソヒョン(少女時代)のKPOP韓国音楽・歌手ニュースのwowKpop

KPOP情報のwowKpopトップへ
KPOP韓国音楽
「勝者は善人」ソヒョン(少女時代)に応援の声続く…俳優キム・ジョンヒョンの「時間」途中降板背景騒動で
「勝者は善人」ソヒョン(少女時代)に応援の声続く…俳優キム・ジョンヒョンの「時間」途中降板背景騒動での画像
「勝者は善人」ソヒョン(少女時代)に応援の声続く…俳優キム・ジョンヒョンの「時間」途中降板背景騒動で(画像提供:wowkorea)
韓国俳優キム・ジョンヒョン(31)がMBCドラマ「時間」の撮影当時、女優ソ・イェジ(31)の指示により相手役ソヒョン(少女時代/29)との愛情シーンをすべて拒否したという報道が流れる中、ソヒョンに向けた応援や激励の声が大きくなっている。

 ソヒョンは2018年7月から2か月間放映された「時間」で、ドラマの中心を担うソル・ジヒョン役を好演した。彼女にとって同作品は、初のミニシリーズ主演作で、SMエンタテインメントを離れ独り立ちを宣言して初めて臨む作品であったため、格別な意味があった。

 だが、「時間」は初回放送前から男性主人公チョン・スホ役のキム・ジョンヒョン(31)を取り巻く“雑音”に見舞われた。キム・ジョンヒョンが制作発表会のフォトタイムで腕を組もうとするソヒョンを避けたり、無表情を貫くなど無礼な態度で物議を醸したのだ。その後、キム・ジョンヒョンは摂食障害とパニック障害を理由に12話で途中降板することを決定した。

 突然の台本変更と男性主人公の不在にもソヒョンは自身の役割以上をやり遂げた。また、毎週、個人のInstagramに現場で撮った写真を公開し、リアルタイム視聴を促した。終演インタビューでもキム・ジョンヒョンに配慮する姿を見せた。当時彼女はキム・ジョンヒョンが降板した状況を振り返り、「作品を終えるのも重要だが、俳優の前に人間だ。人間がさらに重要だと考えるし、充分に理解できた」と伝えた。また、「残った人たちで作品をきちんと終わらせなければとの思いになった」とし、「自分のキャラクターに集中した」と話していた。

 12日、韓国メディア「Dispatch」はキム・ジョンヒョンが「時間」当時恋人だった女優ソ・イェジの“操り”により、ソヒョンとのスキンシップがある台本の修正を要求したと報道。公開された2人のメッセージ内容によると、ソ・イェジはキム・ジョンヒョンに「スキンシップはすべて外して」、「スキンシップ、ノーノ―」、「ロマンスなく、スキンシップなく、ちゃんと変更して」などと要求している。

 こうした内容が伝えられると、多くのネットユーザーはソヒョンに対し「いつも応援している」、「お疲れ様。誰よりも責任感が強く、カッコいい」、「これからも期待している」、「これから何があっても、心から応援する」、「プロらしくカッコよくやり遂げたソヒョンを応援する」、「最後の勝者は善人。ソヒョンの今後を応援する。真のプロはソヒョンだ」などの応援のコメントを送っている。

2021/04/13 10:45:07 入力





1

【総合】「BTS(防弾少年団)」に会ったナ・ヨンソクプロデューサー“今日は三流MCと一緒に”

2

「INFINITE」のソンジョン、本日(5/8)召集解除…「これからも多くの活動で恩返しをする」

3

「BTS(防弾少年団)」のV、「存在自体が親孝行な男性アイドル」の1位に…「父は僕の夢」と語った過去も

4

グループ「ENHYPEN」、音源・音盤・音楽番組をオールキル…毎瞬が新記録

5

チョア(元AOA)「株式に残ったお金を全部投資…収益率55%」

6

スヨン(少女時代)、姉チェ・スジンのミュージカル応援…「固い姉妹愛」

7

クォン・ウンビ(IZ*ONE)、グループ解散後初の活動開始…「woollim THE LIVE」でIU(アイユー)の楽曲カバーへ

8

歌手PSY、自己管理が足りない?痩せた体つきにHeizeも「美脚」

9

「BTS(防弾少年団)」、ナ・ヨンソクPDと番組で特別なコラボ

10

「KINGDOM」出演の「iKON」、メンバー&スタッフともに全員コロナ“陰性”…濃厚接触者のDK(ドンヒョク)は自家隔離を継続へ
会社紹介 | プライバシーポリシー | 利用規約 | ニュース販売
wowKpopを見て、最新の韓国歌手KPOPアーティスト情報を探そう!
Copyright(C) 2004-2021 AISE Inc. All Rights Reserved.