KPOP情報のwowKpopトップへ
KPOP韓国音楽
“元祖セクシークイーン”キム・ワンソン“バラードの女”としてカムバック
「今は、ミュージシャンとして認められたい」、“セクシーディーバ”キム・ワンソンが、バラード曲で、3年ぶりに音楽界にカムバックする。

去る2002年、6年ぶりの沈黙を破り、8th『S』を発表したキム・ワンソンは、翌年、突然ヌード写真集熱風に参加した後、しばらくモデル紛争で騒がしかった。来たる28日に発売される9th『Return』を境に、長い間の回り道から抜け出し、本業の歌手に復帰する。

ところで何より注目を浴びる点は、“ダンシング・クイーン”キム・ワンソンの、いわゆる“脱ダンス宣言”。これは、きらびやかなダンスを要するアップビートな曲の代わりに、ロック的な要素が含まれたポップバラードで、大いに満たされる。

キム・ワンソンの所属事務所は、「今回のアルバムのジャンルは、ロックを基本とするポップバラードで、ソフトで落ち着いた曲で構成された」「8thまでは、ダンスを中心に活動していたキム・ワンソンにとっては、大きな変化と冒険になるだろう」とコメントしている。

また「ダンス歌手ではなく、ミュージシャンとして認めて欲しいという彼女の希望と、20年間の歌手生活を整理し、やり直すというキム・ワンソンの堅い決意が反映された」と再度強調した。

1986年、『今夜』で、華麗に音楽界にデビューしたキム・ワンソンは、20年間さまざまな姿で、大衆から愛されてきた。アルバムタイトル『Return』からも感じられるように、今回の9thには、20年間に培った試行錯誤と迷いを体験し、新たに出直すという強い決意が込められている。

タイトル曲『セブンティーン』は、自身のデビュー当時の年齢を意味する数字。17歳で芸能界に足を踏み入れ、猛スピードでスターになった歌手キム・ワンソンが、分別もない時期に、情熱と純粋さだけで大衆の前に20年間立ち続けたという、惜しみと自責を歌った。

この他にも『30歳の歌』『モーツァルトを聞く女』など、自伝的な意味を付与し、本人が自ら作曲した『初めて別れるように』『White Wine』を収録。真の音楽家になりたいという希望に重みを加えた。

“ラグジュアリーな秋の女”として戻ってきたキム・ワンソンは、来たる11月1日、弘大(ホンデ)近くのクラブでショーケースを行い、本格的な9thの活動に拍車をかける予定だ。

Copyrightsⓒsports donga & etimes Syndicate & wowkorea.jp
2005/10/18 9:57:58 入力





1

「少女時代」のソヒョン、新型コロナウイルスに感染…「悔しくて…ごめんなさい」

2

歌手チョン・ソミ、海外で大胆ファッション…21歳が見せるグラマーボディー

3

ソヨン(元T-ARA)、“婚約者”年下サッカー選手との同棲生活を報告 「家具に傷をつけた犯人発見」

4

「TWICE」ナヨン、短すぎる?超クロップド丈のトップスでほっそりウエスト披露…グループ初のソロデビューで大活躍

5

“全員日本人メンバー”「XG」のHINATA、涙のワケは?自主コンテンツ「XTRA XG」で魅せるビハインドストリー

6

【映像】「aespa」、日本でのショーケースを終えて帰国

7

イ・ミジュ(元LOVELYZ)、どれだけ細いの?…スリムすぎてスカートが“ぶかぶか”

8

「KCON 2022 LA」、21・22日にTVINGで生中継

9

【公式】歌手ロイ・キム側、「地道に曲作業をしている&カムバックの日程は未定」…除隊後初の新曲発売か?

10

リジ(AFTER SCHOOL)、飲酒運転の自粛中の近況「すごく痩せた」
会社紹介 | プライバシーポリシー | 利用規約 | ニュース販売
wowKpopを見て、最新の韓国歌手KPOPアーティスト情報を探そう!
Copyright(C) 2004-2022 AISE Inc. All Rights Reserved.