V.I(スンリ/元BIGBANG)のKPOP韓国音楽・歌手ニュースのwowKpop

KPOP情報のwowKpopトップへ
KPOP韓国音楽
V.I(元BIGBANG)、性売買斡旋容疑を否認=「よくやってくれる子たち」は「打ち間違い」と主張
V.I(元BIGBANG)、性売買斡旋容疑を否認=「よくやってくれる子たち」は「打ち間違い」と主張の画像
V.I(元BIGBANG)、性売買斡旋容疑を否認=「よくやってくれる子たち」は「打ち間違い」と主張(画像提供:wowkorea)
韓国ボーイズグループ「BIGBANG」出身のV.I(本名:イ・スンヒョン)が性売買斡旋容疑に関連し、「よくやってくれる子たち」というメッセージに対して、「打ち間違い」だと主張した。

 30日、キョンギ(京畿)ヨンイン(龍仁)地上作戦司令部の普通軍事裁判所でV.Iの事件関連の被告人尋問(質問)が行われた中、V.Iは性売買斡旋容疑の主な争点のひとつだったグループチャットの中の「女性は?」、「よくやってくれる子たちで」というメッセージについて、「打ち間違い」だとの趣旨の主張をした。

 該当メッセージはV.Iの外国人女性の知人が一行とクラブを訪問した当時、グループチャットに出てきた内容だ。グループチャットのメンバーの1人であるクラブMDに外国人一行の応対について話していたところ、V.Iが「女性は?」、「よくやってくれる子たちで」と述べていたが、この内容が性売買を暗示する単語だとの疑惑が浮上し、批判が激しくなった。

 これについてV.Iは検察側の被告人尋問で該当メッセージについて「7年前のカカオトーク」とし「私はまだ『よく遊ぶ子たち』と言ったと記憶している」と主張した。

 実際、グループチャットで「よく遊ぶ子たち」ではなく「よくやってくれる子たち」と表現されたことについての根拠としてV.Iは「iPhoneを使うが、入力予測機能のためだと思う」と主張し、「国民の皆さんには申し訳ないが、そのように思っている」とし、性売買斡旋容疑を否認した。

 この他にも、V.Iは他の性売買斡旋容疑もすべてユリホールディングスの元代表ユ・インソクが主導したものだと主張しており、自身は認知できなったとの立場を固守した。

 また、自身の自宅で性売買をおこなったとの容疑については「すぐ隣の家に両親と妹が住んでいたし、私の家の暗証番号を知っており、頻繁に家族が入ってきた。家に両親がいつ帰ってくるかわからないのに、そんなことできない」と主張した。特に「当時、最も活発に活動していた時期」とし「誰かにあえて金を支払ってそんな関係を築く立場ではなかったし、必要もなかった」と述べた。

2021/06/30 14:31:09 入力





1

【全文】「LE SSERAFIM」側、ガラムの疑惑について説明

2

【公式】“いじめ疑惑浮上”ガラム(LE SSERAFIM)、活動中断へ =グループは宮脇咲良など5人体制で活動

3

【公式】「CLC」、解散を発表=デビューから7年

4

SUHO(EXO)、米スタンフォード大学韓国学カンファレンスに出席

5

「ランニングマン」チョン・ソンミ、チャ・ウヌ(ASTRO)の一言でガード解除「ソンミさんきれいです」

6

ドヨン(NCT)、「ドリームコンサート」MCに決定

7

クリスタル(チョン・スジョン)、有名ブランドシャツのカスタムケーキを前に「もったいなくて食べられない」

8

“歌手イ・ジフンの日本人妻”アヤネさん、1杯のストロベリーラテは「運動前の余裕」

9

≪韓国ドラマOST≫「王になった男」、ベスト名曲 「Always」=歌詞・解説・アイドル歌手

10

「MOMOLAND」ジュイ、モデルのムン・ガビとピッタリくっつき「お姉ちゃん」
会社紹介 | プライバシーポリシー | 利用規約 | ニュース販売
wowKpopを見て、最新の韓国歌手KPOPアーティスト情報を探そう!
Copyright(C) 2004-2022 AISE Inc. All Rights Reserved.