BTS(防弾少年団)のKPOP韓国音楽・歌手ニュースのwowKpop

KPOP情報のwowKpopトップへ
KPOP韓国音楽
米国Newsweek誌、「V(BTS)、シン・ユビン選手を応援」に全世界が熱い関心
米国Newsweek誌、「V(BTS)、シン・ユビン選手を応援」に全世界が熱い関心の画像
米国Newsweek誌…「V(BTS)、シン・ユビン選手を応援」に全世界が熱い関心(画像提供:wowkorea)
米国のNewsweek誌がオリンピック卓球韓国代表のシン・ユビン選手に応援メッセージを送った「BTS」のVにスポットを当てた。

27日Newsweek誌は「BTSのスターがTOKYO 2020オリンピック参加選手である10代のファン、シン・ユビンへ応援を送った」というタイトルの記事を掲載した。

媒体は最年少韓国代表の選手であるシン・ユビンが世界チャンピオンの 中国出身58歳オリンピック選手Ni Xialianとの戦い後、Vが応援メッセージを送ったと伝えた。またVのニックネームが“チュ・ユンタン”に変わったエピソードに対しても紹介した。

25日ファンコミュニティプラットフォームのWeverseにファンが「卓球国家代表のシン・ユビン選手。多くの人にエールを送るBTS、今日もありがとう」というメッセージと共にシン・ユビン選手が「競技前にBTSの新曲をよく聴きます」と話した番組画面を掲載した。

これを見たVは「ファイティン」というコメントと一緒に親指を立てた 絵文字を残した。Vが書き込んだコメントのIDは“チュ・ユンタン”であり“チュ・ユンバル+ヨンタン”の合成語である。Vのペットのヨンタンがマッチを口に噛んでいるように見えた写真に、映画「男たちの挽歌」のチュ・ユンバルに似ているという理由で名付けたという。

Vは卓球が好きなだけではなくプロ級の実力を持っている。シン・ユビンはマスコミとのインタビューで「BTS」のファンでありVが好きだと明かし携帯の背景画面にVの写真を保存していることを明かした。

27日シン・ユビンは、2020TOKYOオリンピック女子シングルス32強を前に香港のドゥ・ウェイケムと繰り広げた競技で2-4で敗退し個人戦日程を終えた。シン・ユビンは競技後マスコミとのインタビューで「楽しかったです。思ったよりも緊張もそんなにしなかったです」と感想を伝えた。

また、Vが自身を応援した事実を7秒後に知ったとし「メッセージが人々に知らされる前に私が一番先に見れる。SNSにも挙げて自慢したかったんだけど競技があったので自ら(気分を)抑えた」と話すと17歳の少女に戻ったあどけない表情で当時のうれしさを伝えた。

満9歳から国家代表の常備軍に選出された卓球の神童シン・ユビンは、来月 1日ジョン・ジヒ、チェ・ヒョジュと共にポーランドとの女子団体戦 16強に出場する予定だ。ファンはVが書き込んだコメントに3万件以上のコメントを書き込みシン・ユビン選手が残りの競技で最善を尽くすことを期待した。

2021/07/28 10:28:25 入力





1

歌手ヒョナ、あまりにも破格的なのでは?下着姿だけのミラーセルフィー公開

2

「少女時代」、「現在のリーダーはユナ」、その理由は?…「知ってるお兄さん」にゲスト出演

3

スヨン(少女時代)、くびれた腰つき…密着ドレスで健康セクシー

4

【全文】ソンギュ(INFINITE)、ミュージカル「キンキーブーツ」から早期降板…キム・ホヨンが合流「骨折でやむを得ず」

5

「IVE」、新譜「After LIKE」コンセプトフォト公開…6人6色の魅力&ビジュアル披露

6

歌手イ・ジフン、アヤネさんとの結婚”正解”!…きょうも愛妻の手料理自慢

7

歌手チョン・ソミ、ナチュラルメイクで清純度アップ…いつもとは違った雰囲気

8

歌手ソンミ(元Wonder Girls)、スカーフ1枚だけ巻くなんて…「ぱっくり開いた背中+平たい腹筋」露出

9

歌手K.Will…3年ぶりの全国ツアー、10月からスタート

10

ファサ(MAMAMOO)、最近韓国の伝統食品「ミスカル」にハマっている=(私は一人で暮らす)
会社紹介 | プライバシーポリシー | 利用規約 | ニュース販売
wowKpopを見て、最新の韓国歌手KPOPアーティスト情報を探そう!
Copyright(C) 2004-2022 AISE Inc. All Rights Reserved.