KPOP情報のwowKpopトップへ
KPOP韓国音楽
イム・ジョンヒ 喘息を克服して歌手デビュー
米進出を控えているイム・ジョンヒが、喘息(ぜんそく)を克服して歌手になった事実が明かされ、注目を集めている。

米進出に先立って3rdアルバムを発売し、国内活動に臨むイム・ジョンヒは、幼い頃に喘息を患っただけでなく、アメリカで認められた歌声もイム・ジョンヒの努力によるものという事実が伝えられ、関心を集めている。

小学校時代、喘息を患ったイム・ジョンヒは、それによる苦痛もひどかっただけでなく、子供の頃から夢見ていた歌手になれるのだろうか、という不安も大きかったという。しかし、積極的な健康管理と治療で喘息を克服した。
イム・ジョンヒは「とても大変だったけど、母のお祈りのおかげで克服できたと思う。今はなんともない」と明かした。

また、ヒップホップの神話<OUTKAST>を魅了するほどの魅力的なボイストーンは、元々美声だったイム・ジョンヒが、練習に練習を積み重ねた結果作られた努力のたまもの。米進出もまた、こうした強い意志の結果だ。韓国での成功に満足せず、ニューヨークに渡って英語を学びボーカルレッスンを受け、米進出を試みるだけでも、韓国の音楽関係者たちはこれを懐疑的に見ていたが、イム・ジョンヒはとうとう米市場への進出を実現し、周囲を驚かせた。

イム・ジョンヒは「性格も楽観的なタイプ。大変なことがあったり、他人が無理だろうと思うことも、全力を注げば実現するはずだと信じている」と堂々と答えた。
一方、米進出で忙しいスケジュールの中、韓国ファンに会うために国内アルバムリリースを推進したイム・ジョンヒは4日、<OUTKAST>の参加で話題になっているタイトル曲『愛に狂ったら』と正規3rdアルバムをリリースし、韓国での音楽活動に突入する。
Copyrights(C)Reviewstar & etimes Syndicate & wowkorea.jp


米<OUTKAST> イム・ジョンヒの3rdアルバムにラップでフューチャリング
米ヒップホップ界のスター<OUTKAST>のビッグ・ボーイが、イム・ジョンヒ(26)の国内新曲にラップでフューチャリングした。

ビッグ・ボーイは、10月4日に発表するイム・ジョンヒの3rdアルバムタイトル曲『愛に狂ったら』でラップを披露している。

最近、イム・ジョンヒとの米進出音盤制作契約を結んだビッグ・ボーイは、13日ニューヨークで撮影された新曲のミュージックビデオにも出演した。

世界的なトップ歌手が、韓国歌手の国内音盤に参加したことはとても珍しい事例。有名なポップスターが、たまに韓国歌手と一緒に作業をしたりもするが、韓国プロモーションの一環として自身の音楽に参加させるのが普通だ。

タイトル曲『愛に狂ったら』は、強烈なヒップホップトラックを基盤にした曲。ビッグ・ボーイのイントロラップにより、一段と高級感漂う雰囲気を演出する。この曲はパク・チニョンも一緒にフューチャリングしている。

イム・ジョンヒは米進出が確定したことで、滞在期間が長期化するものと思われ、これに先立ち韓国内でアルバムを発売する。
Copyright 2007(C)YONHAPNEWS. All rights reserved.
2007/10/04 17:47:24 入力





1

宮脇咲良、ユリ(IZ*ONE)から“珍しく”メッセージが届いたと明かす…活動終了してもメンバー間の友情誇る

2

【公式】「GFRIEND」、Source Musicとの契約終了へ

3

“スジン((G)I-DLE)とのいじめ暴露騒動”女優ソ・シネ、友人との華やかな近況伝える

4

「BTS(防弾少年団)」、米ABC「グッドモーニングアメリカ・サマーコンサート」のトップバッターとして出演が決定

5

末期がん闘病中のBoA実兄に“冷めた警告”…医師らに批判殺到で元大韓医師協会長が「真意を説明」

6

【全文】イ・ジヘ(元S#arp)、2児妊娠の感想“まだ初期のため注意深い…応援して欲しい”

7

“元恋人への性的暴行”「Autumn Vacation」ボビー・チョン、フォレンジック結果「違法動画」も相次ぎ発見

8

「ENHYPEN」、2ndミニアルバム収録曲「FEVER」 ティザー公開… 美しいダンスラインに注目

9

ユジュ(GFRIEND)、「グループ解散発表」前日に意味深投稿…「デビュー前日の日記」公開

10

YGエンターテインメント、「新人ガールズグループ発表を準備中」
会社紹介 | プライバシーポリシー | 利用規約 | ニュース販売
wowKpopを見て、最新の韓国歌手KPOPアーティスト情報を探そう!
Copyright(C) 2004-2021 AISE Inc. All Rights Reserved.