愛の温度のKPOP韓国音楽・歌手ニュースのwowKpop

KPOP情報のwowKpopトップへ
KPOP韓国音楽
≪韓国ドラマOST≫「愛の温度」、ベスト名曲 「私だけが知るエンディング」=歌詞・解説・アイドル歌手
≪韓国ドラマOST≫「愛の温度」、ベスト名曲 「私だけが知るエンディング」=歌詞・解説・アイドル歌手の画像
≪韓国ドラマOST≫「愛の温度」、ベスト名曲 「私だけが知るエンディング」=歌詞・解説・アイドル歌手(画像提供:wowkorea)
<「愛の温度」OST(サントラ)、今日の1曲>

※Wowkoreaサイトのページには歌のYoutube動画があります。

今回も「愛の温度」のOST紹介をお届けする。本ドラマは、「僕が見つけたシンデレラ」や「また!? オ・ヘヨン~僕が愛した未来(ジカン)」のソ・ヒョンジンと「浪漫ドクター キム・サブ」で注目されたヤン・セジョンがタッグを組んだ作品。
29歳のヒョンスは、出会って数時間である若い青年ジョンソンから告白されてしまう。6歳も年下の男性にからかわれたと怒るヒョンスだが、次第に距離が縮まっていく。愛に対する考えが違う2人が、ぶつかり合いながら関係性に変化が出てくるストーリー。

今日の1曲は、Stella Jangが歌う「私だけが知るエンディング」。

<歌詞の解説>

「運命だと思ったあの日 嘲笑するように終わりを迎えた 
 切れてしまったフィルムの間に 強く押された印 
 恋しさで何も見えないように 全てが真っ暗になった日々 
 季節が数回過ぎれば 大丈夫だと思ってたんだ」
歌詞の最初では、ヒョンスの気持ちが決して自分に向かないことを悟ったジョンウの心のつらさが表現されている。

※サビ「Come let me love you 僕は信じてる この物語は終わらないと 
 君を知る前には戻れない僕は これができる全てのことだから」
サビでは、ヒョンスへの想いが諦めきれない様子が伝わる。

「まだ君にとって僕が 他人じゃないなら 
 僕の涙が乾く前に 僕の前に現れてほしい Come to me」
ジョンウが仕事のパートナーとしてでもそばにいたいと願う気持ちがわかる。

※サビのリピート

「雲の上の君を愛した結果だと 終わりが見えない涙を流しても 
 時が流れるほど嘘みたいに 大切な恋だった」
ここから最後のサビへ盛り上がっていく。

「Nothing without you わかってるんだ 他の人は愛せないことを 
 悲しみも終わりもないあの時のように もう一度恋に落ちたい 
 Come love me again 時を巻き戻して 僕は春の日の終わりに立っている
 まだ僕の中では終わらない物語 君がそばにいてくれたら Come to me」
Stella Jangの切ない歌声と短調のメロディーでジョンウの失恋を歌い上げている。

Stella Jang(本名:チャン・ソンウン)は、1991年生まれのシンガーソングライター。中学時代からフランスへ留学し、24歳で韓国に帰国している帰国子女。「愛の温度」で初めてOSTを担当して以降、「第3の魅力~終わらない恋の始まり~」や「恋する十二夜~キミとボクの8年間」、「ボクスが帰ってきた」、「チョコレート: 忘れかけてた幸せの味」などでOSTに参加している。

<ネットユーザーの反応>

「ジョンウの歌せつなすぎる」
「5年も片思いする歌詞は悲しい」
「まさにジョンウの歌」
「メロディーも悲し気でドラマに合ってる」
「曲もあってドラマにハマる」

「愛の温度」ではソ・ヒョンジンと、ヤン・セジョンの共演で大きな話題を呼び、OSTも大人気となった。

2022/07/06 16:20:14 入力





1

スヨン(少女時代)、くびれた腰つき…密着ドレスで健康セクシー

2

「(G)I-DLE」人気で…CUBE、第2四半期の営業利益は前年比264%↑

3

「IVE」、新譜「After LIKE」コンセプトフォト公開…6人6色の魅力&ビジュアル披露

4

歌手ヒョナ、あまりにも破格的なのでは?下着姿だけのミラーセルフィー公開

5

[韓流]BTOBプニエルがアキレス腱断裂 活動を一時休止

6

「TXT」が表紙に初登場!「ハーパーズ バザー」10月号特別版8月20日発売

7

キム・ヒョンジュン(リダ)、17日に歌手としてカムバック!3rdフルアルバム「MY SUN」発売

8

IU再び…水害のために1億ウォン寄付

9

歌手チョン・ソミ、ナチュラルメイクで清純度アップ…いつもとは違った雰囲気

10

ソヒョン(少女時代)、清純なビジュアルを披露
会社紹介 | プライバシーポリシー | 利用規約 | ニュース販売
wowKpopを見て、最新の韓国歌手KPOPアーティスト情報を探そう!
Copyright(C) 2004-2022 AISE Inc. All Rights Reserved.