EXOのKPOP韓国音楽・歌手ニュースのwowKpop

KPOP情報のwowKpopトップへ
KPOP韓国音楽
俳優としてのD.O.(EXO)の活躍をドラマで振り返ってみる
俳優としてのD.O.(EXO)の活躍をドラマで振り返ってみるの画像
俳優としてのD.O.(EXO)の活躍をドラマで振り返ってみる(画像提供:wowkorea)
2012年4月8日にSMエンタテインメントからボーイズグループ「EXO」の一員としてデビューしたD.O.。高い歌唱力で、グループの中ではメインボーカルを担当している。そんな彼だが、2014年からドラマや映画を通じて、俳優「ド・ギョンス」としても活躍している。今回は、出演ドラマを振り返りながらその遍歴を辿っていこう。

 ドラマデビューとなった韓国ドラマ「大丈夫、愛だ」は、俳優チョ・インソンと女優コン・ヒョジンが主演したヒーリング・ラブストーリーである。劇中では、チョ・インソン演じる小説家ジェヨルを慕う男子高校生ガンウ役を熱演した。爽やかな好青年でありながら、痛々しい青春時代を送っている高校生を見事に演じきった。

 2015年に放送された韓国WEBドラマ「EXO NEXT DOOR 〜私のお隣さんはEXO〜」では、本人役で出演した。劇中ではムン・ガヨン演じる隣の家に住む女子高生ヨニに恋をし、同じグループのチャニョルと恋敵になるという役を演じた。本人役ではあるが、ストーリーは完全にオリジナルで展開されていくという難しい作品だったが、ファンの心をがっしりとつかむ胸キュンな表情や行動で視聴者を翻弄(ほんろう)させていった。

 2018年には韓国ドラマ「100日の朗君様」でドラマ初主演を飾った。朝鮮時代の世子イ・ユルが宮廷の陰謀に巻き込まれ記憶喪失となったことで、宮廷から逃げ出し庶民として暮らし始め、その後女優ナム・ジヒョン演じる婚期を逃した庶民の女性ホンシムと結婚させられて100日間「夫婦」として過ごすという物語だ。
 D.O.はこの作品で世子イ・ユル役を演じ、時代劇・ラブコメ作品に初挑戦ながらもそれまで培ってきた経験と演技力の高さから、最終回では15%の視聴率を叩き出し、現在でも大人気のドラマ作品のうちの1つとなった。

 そして、明日10月5日からKBS 2TVでスタートする「真剣勝負」で約3年ぶりとなるドラマ出演を果たす。この作品では、悪人たちを裁くためなら手段を選ばない変人検事ジンジョン役で主演を務める予定だ。予告編からは、今までの出演作ではあまり見たことのなかったアクションやビジュアルが垣間見え、彼の演じる役としては非常に新鮮な役柄だと感じる。

 彼はまたどんな姿をわれわれに見せてくれるのだろうか。今後の出演作が一気に気になり始めた。
 
2022/10/04 17:59:36 入力





1

元「BIGBANG」T.O.P、前澤友作氏と2023年宇宙へ?韓国メディアが報道

2

JIN(BTS)、今月13日に陸軍入隊を正式発表…「現場への訪問は控えてほしい」

3

パク・ユチョンが“業務上横領”で告訴した元マネジャー、「嫌疑なし」処分

4

G-DRAGON(BIGBANG)、サッカー韓国代表に大きな拍手「おかげで楽しかった」

5

プロポフォール投与で罰金刑のガイン(Brown Eyed Girls)、2年ぶりの近況公開

6

「LE SSERAFIM」、Yahoo!検索大賞2022「ミュージシャン部門」2位に

7

[韓流]BTSジンが13日入隊 所属事務所「見送り控えて」

8

JENNIE(BLACKPINK)、服に描かれているのは「走れハニー」?…やっぱり高級ブランド?

9

【公式】「WEi」、13日クリスマスアルバム発売確定

10

「OH MY GIRL」アリン、釜山煉炭銀行に2100万ウォン相当の煉炭寄付
会社紹介 | プライバシーポリシー | 利用規約 | ニュース販売
wowKpopを見て、最新の韓国歌手KPOPアーティスト情報を探そう!
Copyright(C) 2004-2022 AISE Inc. All Rights Reserved.