ユチョン(元JYJ)のKPOP韓国音楽・歌手ニュースのwowKpop

KPOP情報のwowKpopトップへ
KPOP韓国音楽
パク・ユチョンの“嫌疑なし”元マネジャー、「横領犯の汚名を晴らすために戦った…まだ終わっていないことが残っている」
パク・ユチョンの“嫌疑なし”元マネジャー、「横領犯の汚名を晴らすために戦った…まだ終わっていないことが残っている」の画像
パク・ユチョンの“嫌疑なし”元マネジャー、「横領犯の汚名を晴らすために戦った…まだ終わっていないことが残っている」(画像提供:wowkorea)
歌手パク・ユチョンが、元マネジャーであり所属事務所リシエロの代表だったA氏を横領の疑いで告訴したが、警察が嫌疑なしと不送致を決定した。

しかしA氏が「容疑がないことが明らかになったにもかかわらず、まだ終わっていないことが残っている」と明らかにし、パク・ユチョンとの鋭い“真実攻防”が続くものとみられる。

A氏は6日、「去る2021年6月、パク・ユチョンが告訴していた業務上横領の件について、ことし10月12日にキョンギ(京畿)ナムヤン(南楊)州南部警察署で不送致捜査結果通知書を受け取った」と知らせた。

「1年を超える時間、横領犯という汚名を晴らすために戦ってきた」というA氏は、「周りの非難のこもった視線と家族たちへの悪意的なコメント、絶えない疑心など、事実ではないことにより個人的かつ業務的にも大変な時間を過ごしてきたが、容疑がないことが明らかになったにもかかわらず、まだ終わっていないことが残った」と伝えた。

それとともに「通知書を受け取った今になってやっとコメントを書けることになったが、一日でも早くすべての事実が明らかになることを願う」と結んだ。

これに先立ちパク・ユチョンは昨年8月、リシエロから精算をきちんと受け取れなかったとし、所属事務所との葛藤を告白した。これにリシエロは「明白な虚偽事実」とし「リシエロとリシエロ代表の名誉を深刻に毀損(きそん)した」と反論した。

A氏が同年12月、パク・ユチョンを相手に出した6億ウォン(約6,000万円)規模の損害賠償請求訴訟は現在進行中。
2022/12/06 18:26:16 入力





1

V.I(元BIGBANG)、本日(9日)出所…収監生活終える

2

ソ・ジソブ×キム・ユンジン×ナナ(AFTERSCHOOL)主演映画「自白」、日本公開決定!

3

[韓流]TWICE日本人メンバー ユニット「MISAMO」結成

4

「aespa」、初の単独コンサートのムービングポスターが話題

5

【公式】「INFINITE」イ・ソンヨル、「ナンバーズ」出演確定…エル(キム・ミョンス)と呼吸を合わせる

6

「NCT」テイル、「その恋、断固お断りします」OSTに参加…きょう(9日)公開

7

「TWICE」初のユニット「MISAMO」、7月に日本正式デビュー

8

【フォト】「TREASURE」パク・ジョンウ&「IVE」チャン・ウォニョンら、ソウル公演芸術高等学校を卒業

9

「Red Velvet」、世界最大の音楽フェス「Primavera Sound」出演…K-POPグループ唯一

10

[韓流]5月開催のソウルジャズフェス ビッグバンSOLなど出演
会社紹介 | プライバシーポリシー | 利用規約 | ニュース販売
wowKpopを見て、最新の韓国歌手KPOPアーティスト情報を探そう!
Copyright(C) 2004-2023 AISE Inc. All Rights Reserved.