SE7ENのKPOP韓国音楽・歌手ニュースのwowKpop

KPOP情報のwowKpopトップへ
KPOP韓国音楽
YGエンタ代表「SE7EN、日米活動後に国内復帰」
YGエンタ代表「SE7EN、日米活動後に国内復帰」の画像
YGエンターテインメントのヤン・ヒョンソク代表
大手芸能プロダクション<YGエンターテインメント>のヤン・ヒョンソク代表が23日、聯合ニュースとのインタビューで歌手SE7EN(セブン)の今後の活動計画を明らかにした。SE7ENはこの2年ほど米国に滞在し、国内活動には空白が生じている。国内復帰は米国と7~8月の日本での活動後、早くて10月ごろになるという。

 SE7ENは3月10日に米デビュー曲となるデジタルシングル『Girls』のティーザー映像と音源をiTunesで公開し、2か月後に2枚目のシングルをリリースする。ヤン代表は、初シングルを音源販売よりもSE7ENの始動を知らせる概念としてとらえている。『Girls』は有名プロデビューサーのダーク・チャイルドが手がけ、女性ラッパーのリル・キムがノーギャラでフィーチャリング、さらにミュージックビデオにも4割ほど登場する。「米国での成功やビルボードチャート上位100位入りは期待もしていない。ただ、彼らが参加したことだけでも半分は成功だと思う」と評価した。

 SE7ENの米デビューは当初の予定より1年ずれ込んだ。ヤン代表の予想以上の時間がかかったが、その間SE7ENは英語習得やレコーディングしかしていない。それだけ「アジア系の成功がまだない米市場を分析し、慎重を期した」ということだ。米国には韓国のように毎週放送される音楽番組がない。「不完全な言葉、異なる音楽性向やルックスは現地で拒否感を持たれるだろうに、MTVでミュージックビデオを流そうとしてくれると思いますか。SE7ENの歌とミュージックビデオがMTVで流れることが、小さいながらも大きな抱負です」と語る。

 ヤン代表は、インタースコープなど現地の有名レコード会社関係者に会いマーケティング調査を重ねた結果、戦略としてリル・キムに加勢してもらった。ヤン代表の説明によると、真のワールドスターには米国人なら誰もが知っているキム・ユンジンのような俳優が挙げられるが、俳優は集団の中のいちキャラクターとして存在するため、アジア系でも拒否感を与えず、アジア系が成功するケースも多い。それに対し、歌手は一人で勝負するしかない。リル・キムの比重を半分ほどに増やしたものも、こうした流れに沿った戦略だ。セカンドシングルでも現地の有名ミュージシャンが参加することになるとした。

 ヤン社長はSE7ENに対しても「君は韓国のスターではなく、どこまでも新人」と強く言い聞かせている。米国は金になる市場ではない。徹底して現地市場に合わせた音楽を作り、完ぺきな発音で英語を駆使しなければならない。さらに現地資本を引きこんでCDを制作し、大型レコード会社と契約してプロモーションコストを頼む必要があると、国内とは大きく異なる米市場について語った。
2009/02/25 9:20:51 入力





1

V(BTS)、FILAのCM映像でカメレオンの魅力発揮、「CMが映画のよう」

2

「BTS(防弾少年団)」JIN、世界で最もイケメンなリンゴを公開

3

ジョン・ヨンファ(CNBLUE)、「演技に自信がついた、何でも上手くこなせる芸能人になる」

4

歌手ペク・イェリン、太ももから腕まで破格タトゥー公開“強烈”

5

カヒ(元AFTERSCHOOL)、近況?痩せてもまた一段と痩せたスタイル

6

チャ・ウヌ(ASTRO)、蛍光スニーカーも相性抜群…ニットベストで彼氏風ファッション

7

歌手ハ・ソンウン、新曲「Sneakers」カムバック後初の1位...「ファンのおかげ」

8

「PENTAGON」、日本を揺らす…「DO or NOT」楽天ミュージック1位

9

「BLACKPINK」、デビュー5周年記念映画「BLACKPINK THE MOVIE」が世界約100カ国で公開確定

10

ユギョム(GOT7)、傷だらけの顔&ゴミの山から登場するティザー映像を公開…ワイルドな魅力を予告
会社紹介 | プライバシーポリシー | 利用規約 | ニュース販売
wowKpopを見て、最新の韓国歌手KPOPアーティスト情報を探そう!
Copyright(C) 2004-2021 AISE Inc. All Rights Reserved.