フィソンのKPOP韓国音楽・歌手ニュースのwowKpop

KPOP情報のwowKpopトップへ
KPOP韓国音楽
フィソン&K.Will 2人の話題は「音楽と“恋バナ”」
フィソン&K.Will 2人の話題は「音楽と“恋バナ”」の画像
K.Will(左)フィソン(右)
叙情的なバラード曲で人気を博しているフィソン(27)とK.Will(28)が、アイドル歌手のパロディを披露することになり注目を集めている。

2人はSBS<キム・ジョンウンのチョコレート>の収録で、普段から好きだというアイドル歌手の曲を歌い、また振り付けまでも完ぺきにこなした。
フィソンが選んだ曲は、女性グループ<f(x)>の『LA chA TA』と男性アイドルグループ<SUPER JUNIOR>の『SORRY SORRY』だ。『LA chA TA』のステージでは、作曲家チョン・グンとともに出演し、腰の振りが印象的な“LA chA TAダンス”を披露。またロックバージョンに編曲した『SORRY SORRY』では、スタンディングマイクを使って激しいステージを見せると、話題になった“SORRY SORRYダンス”を披露し、会場からは拍手が沸き起こった。

控え室でインタビューに応えたフィソンは「普段から<f(x)>と<SUPER JUNIOR>が好きで、ステージを見ながらダンスを真似ていたので、特別な練習は必要なかった」と語った。

これまでバラード曲を発表してきたK.Willは、<BIG BANG>のリーダー、G-DRAGONの『ハートブレーカー』を歌い、初めてダンスの腕前を披露。G-DRAGON同様、金髪にカジュアルな衣装で登場したK.Willは、G-DRAGONのパーフォーマンスそのままにステージを繰り広げ、大きな歓声を受けた。また、K.Willの所属事務所にてデビュー準備を行っている練習生らが、仮面を被ったバックダンサーとしてステージに上がる場面もあった。

この日の収録でフィソンとK.Willは、自身のヒット曲である『ざあざあと』と『恋しくて恋しくて恋しい』を熱唱し、スティービー・ワンダーの『Ribbon in the sky』をデュエットした。

また、親友としても知られる2人は「僕たちが顔をあわせると、時間が過ぎるのを忘れるくらい話に没頭してしまう。話題の80%は音楽、15%は“恋バナ”」と明かし、笑顔をみせた。
2009/11/20 11:13:53 入力





【フィソンの関連ニュース】

1

KAI(EXO)、「(G)-IDOL」「離陸3回の試みの末に帰国」

2

「TWICE」メンバー、個人Instagramを開設=記念すべき初投稿は「同じ写真」

3

「SHINee」オンユ、7月に日本初のフルアルバム「Life goes on」発売

4

[韓流]少女時代が8月に5年ぶりアルバム デビュー15周年

5

P NATION初のボーイズグループ「TNX」、本日正式デビュー

6

【公式】「SEVENTEEN」、3回目のワールドツアー開催へ

7

“一度や二度ではない”「ミュージックバンク」、イム・ヨンウンvs「LE SSERAFIM」で露呈した“放点バンク”の汚名返上なるか

8

イ・スンフン(WINNER)のSNSにLISA(BLACKPINK)が登場…仲の良さを見せる

9

“結婚4日目の新妻”ソン・ダムビ、コン・ヒョジンやチョン・リョウォンらと“不仲説”釈明後の明るい近況

10

新婚のソン・ダムビ、イ・ギュヒョクとの結婚を決めた理由は…「ユーモアセンスが人と違うところ」
会社紹介 | プライバシーポリシー | 利用規約 | ニュース販売
wowKpopを見て、最新の韓国歌手KPOPアーティスト情報を探そう!
Copyright(C) 2004-2022 AISE Inc. All Rights Reserved.