東方神起のKPOP韓国音楽・歌手ニュースのwowKpop

KPOP情報のwowKpopトップへ
KPOP韓国音楽
ジュンスも心情激白「東方神起」心の溝…埋めるのは不可能か
ジュンスも心情激白「東方神起」心の溝…埋めるのは不可能かの画像
「東方神起」
アジアのトップグループとして走り続けてきた「東方神起」。メンバー5人の“心の溝”を埋めるのは、もはや不可能なのだろうか。

 2009年7月、ジュンス・ジェジュン・ユチョンの3メンバーが、当時の所属事務所SMエンタテイメントを相手取り、専属契約の効力停止仮処分を申請し、グループを脱退。「東方神起」は、分裂状態となった。これ以降、3メンバーは「JYJ」として活動を再開、ユチョンはドラマ「成均館スキャンダル」へ出演し、俳優デビューを飾った。ジュンスもまた、ミュージカル俳優として個人活動をスタートさせた。その間、「JYJ」の3人は「東方神起」の残る2メンバー、ユンホとチャンミンについて口を固く閉ざしていた。

 しかし今月6日、ユンホとチャンミンは「東方神起」というグループ名でアルバムを発表したことで“事件”が勃発した。事の発端は、ユンホがアルバム内のメッセージ欄へ感謝の気持ちを「さぁ、東方神起の第2章! 今から始まります! 」という文章で表現したことだった。

 この文章を受け、ジュンスは“第2章”という表現に対して、裏切りに似た悲しみを感じている可能性が高い。現在は、事務所こそ異なっているが、自身を今でも「東方神起」のメンバーだと話しているジュンスにとって“第2章”という言葉は、あまりに重くのしかかっている。

 ジュンスは「違うって…違うだろうと…信じてきたけど…ぼくたち5人の敵なんだと、同じように考えていたのに… 全員の敵ではなかったみたい」という文章をツイッターに残した。「ぼくたちが同じく敵だと思っていたものたちへ、感謝を表現するということ…いっしょに過ごすことができなかった時間に、多くのことがあったようだ。とてもつらい」と記載し、やり切れない思いを赤裸々に語ったジュンス。複雑な心境を隠し通すことができなかったのか「良いことだけ考えて、聞いて、目にしようとしてきたが、今日だけはとても難しい。ぼくたちは離れていたとしても、これは違うよ、ヒョン。(※ヒョン:韓国語で“お兄さん”を意味し、親しい間柄の先輩を指す言葉)ぼくたちは、同じ考えだったじゃないか。何で、どうして、そうなるの…? 」と語りかけるように書き綴っている。

 5人ではない、2人のメンバーで活動を再開させる東方神起と、「JYJ」として活動する3メンバーの“葛藤”と“溝”は、ファン同士にも亀裂を生むのではないか、という見方もある。これまで「JYJ」の活動に対しても、ファン同士の分裂が大きかっただけに、ジュンスがツイッターへ掲載した文章が、今後更なる分裂を生む可能性が高いのだ。

 同じゴールを見据え、苦楽をともにしてきた5人を切り裂くもの、そしてファンとメンバー間の心の溝を埋めるには、かなりの時間が必要のようだ。
2011/01/07 11:41:39 入力





【東方神起の関連ニュース】

1

「SF9」ヨンビン、新型コロナワクチン接種に関する発言で物議…「軽率な発言を反省」と謝罪

2

「BLACKPINK」リサ、3年キープしたジェニーの記録も破る

3

ジェシカ(元少女時代)の恋人兼事務所代表のタイラー・クォン氏、債務不履行の提訴報道に「返済可能な状況&彼女の名誉が傷ついた」

4

「今月の少女」、活動に赤信号?「所属事務所の資金難が深刻」と報道

5

“国民的アイドルグループ”「嵐」櫻井翔と相葉雅紀の結婚ダブル発表、韓国メディアも注目…お相手はともに一般女性

6

ティファニー(少女時代)、下着&ネットで破格ファッション...みずみずしい魅惑美

7

「ENHYPEN」、平凡な日常の姿で「CHARYBDIS」のコンセプトフォトを公開

8

Mnet「I-LAND」が国際エミー賞最終候補に

9

[韓流]BTSが約2年ぶりオフライン公演 米で11・12月開催

10

「ITZY」イェジ、締まったボディーにブラトップファッション…「私が好きなスタイル」
会社紹介 | プライバシーポリシー | 利用規約 | ニュース販売
wowKpopを見て、最新の韓国歌手KPOPアーティスト情報を探そう!
Copyright(C) 2004-2021 AISE Inc. All Rights Reserved.