KPOP情報のwowKpopトップへ
KPOP韓国音楽
SE7EN J-POP歌手として武装完了
歌・ダンス・ミュージックビデオ・スタイルなど、J-POPコンセプトで完全武装

歌・ダンス・ミュージックビデオ・スタイルなど、日本最高のスタッフが集結し、韓国とは全く違う姿を見せる戦略を着々と推進、お披露目の日を待つのみ。

来たる2月23日、日本のレコード会社、UNLIMITEDから発売されるSE7EN(セブン)のファーストシングルのタイトル曲は『光』。精錬されたJ-POPダンス曲で、シングルアルバムのレコーディングのため、浜崎あゆみなど、日本の人気歌手の曲を手がけてきた有名作曲家がt大挙して参加。また、シングルアルバムに収録された3曲の中には、韓国で発表されたデジタルシングル『クレイジー』も収録され、暗黒世界のバトルを描いたミュージックビデオもまた日本で公開される。

タイトル曲のミュージックビデオもほとんどがCG作業で作られ、億単位の制作費が投じられた。SE7ENは、BoAの4thアルバムタイトル曲『My name』と、シングル『Rock With You』をはじめ、日本の有名歌手のミュージックビデオの演出を担当してきたマスシ・ムトウ監督と11日撮影を終えた。ムトウ監督は、東京近隣のAスタジオにて1日で撮影を終了し、「振り付けのビデオを先に送ってはいたが、10日の猛練習で振り付けをマスターしたSE7ENの力量に驚いた」と、賞賛を惜しまなかった。

10~13日まで日本に留まり、振り付けとシングルアルバムの準備に尽力したSE7ENもまた、「ビジュアル中心で撮影しましたが、すごく楽しい作業でした。日本進出は急に始めたのではなく、1年以上をかけて、段階的に進めてきたもので、日本のファンに完璧なステージをお見せできればと思っています」と覚悟を語った。

スタイリストもまた、日本芸能界で指折りの最高ベテランが担当した。極秘に進められているので、具体的な衣装コンセプトはまだ未公開。韓国とは文化が違うので、韓国で見せた1st・2ndの時とは全く違った、ビジュアルが強調されたスタイルだとのみ伝えられている。

現在、日本歌謡界とメディアは、SE7ENに大きな関心を寄せている。同じように2月16日、日本でアルバムをリリースするピと共に、韓国のツートップスターということはもちろん、SE7ENの日本語の実力についても賞賛している。

共に作業した日本のスタッフは、「SE7ENは、韓流ブームに便乗するといったケースではない。BoA同様、緻密に用意してきたプロジェクトなので期待大である」と明らかにした。

Copyrightsⓒyonhapnews&etimes Syndicate&wowkorea.jp
2005/01/17 21:39:52 入力





1

歌手Jessi、破格のシースルー衣装…次元が違うホットボディ

2

「ENHYPEN」の振付師DOOBU、BELIFT LABを離れて新たな出発

3

「BTS」V、ドキドキ感爆発するビジュアルに「シムクン注意報発令」

4

「aespa」ウィンター、ティーザーイメージ公開…強烈なビジュアル

5

歌手ソン・ガイン、美しい韓服姿…「世界中のすべてのお母さんお父さん健康でいてください」

6

テヨン(少女時代)、空色ワンピース&ハーフツインの最強ビジュアルを公開“妖精降臨⁉”

7

歌手ソン・ガイン、イ・デフィ(AB6IX)のラブコールに応答「良い曲を一度作って」

8

「WEi」、「2021釜山ワンアジアフェスティバル」で“怪物新人”の存在感を発揮

9

【公式】歌手ソルビ、父親が逝去…静かに家族葬を行う予定

10

「aespa」ジゼル、新曲「Next Level」ティーザーでユニークな魅力を発揮
会社紹介 | プライバシーポリシー | 利用規約 | ニュース販売
wowKpopを見て、最新の韓国歌手KPOPアーティスト情報を探そう!
Copyright(C) 2004-2021 AISE Inc. All Rights Reserved.