東方神起のKPOP韓国音楽・歌手ニュースのwowKpop

KPOP情報のwowKpopトップへ
KPOP韓国音楽
【独占インタビュー】K-POPカバーダンスの先駆者「4C」が語るダンスの魅力
【独占インタビュー】K-POPカバーダンスの先駆者「4C」が語るダンスの魅力の画像
4C(左からSAYU、KyonA、MIZUHO、MAKI)
K-POPの人気と共に1つのジャンルが定着しつつある。それは「K-POPカバーダンス」。韓国アーティストやグループの振り付けをそのままカバーし、本人になりきって踊るのだ。本家本元も驚くほどの動きを披露し、近年ではカバーダンスイベントや大会も数多く開催されている。

 その中でも、いま話題を集めているのが「4C」。女性メンバー4人(2012年6月現在)で構成され、イベントや大会への出場経験も豊富な元祖K-POPカバーグループだ。4人の息の合った動き、華麗なパフォーマンスは観客を圧倒し、アーティストも顔負けのステージを繰り広げている。

 カバーダンスブームをリードしている4人にダンスの魅力、夢について聞いた。

-チーム結成のきっかけ
KyonA:2009年に初めてK-POPイベントに行った時は、まだカバーダンスショーがなく「ショーがあったら絶対に出るのに! 」と思っていました。同年秋にカバーダンスショーが始まり、それを機会にチームを結成しました。

-K-POPカバーダンスを始めることになったきっかけ
KyonA:倖田來未さんと「東方神起」がフィーチャリングした「Last angel」のMV(ミュージックビデオ)がきっかけです。最初は全く知らなかったのですが、調べてみて「東方神起」が韓国のアーティストだとわかりました。子供の頃からダンスボーカルグループが好きで、安室奈美恵さんや「SPEED」、「MAX」などの曲を個人的にカバーしていたので、その延長でK-POPのカバーも始めました。
MAKI:最初は韓国ドラマにハマりました。その時「いいな」と思っていた俳優が歌手だと知り、曲を聴いてみたら彼のファンになって一人でカバーをしていました。そのアーティストはRain(ピ)です。その後「4C」に入り、K-POPアーティストのカバーをするようになりました。
SAYU:「DREAM ON」というイベントに出たのがきっかけです。もともとK-POPが好きで聴いてはいたものの人前で踊る事は無く、K-POPカバーダンスデビューが大きなステージで泣きそうでした!  そのイベント後、正式に「4C」に加入して本格的にカバーダンスを始めました。
MIZUHO:MTVやスペースシャワーTVでK-POPのMV特集を放送していたので、見ているうちにK-POPやダンスのかっこよさにハマっていました! その後、実際にK-POPダンスを踊ってみたいという気持ちが強くなり、リーダーKyonAさんが教えていたK-POPのダンスレッスンに参加しました。わたしにとって先生だったKyonAさんと同じダンスチームで躍ることができて夢のようです。

-普段の練習
KyonA:基本的に週1回5時間ほど、新宿や新大久保で練習しています。また、イベントが多い時期は、それに応じて練習時間を増やします。練習方法は、メンバーそれぞれのパートを基本的に覚えていきます。その場で担当を決めて、手分けして振り付けを覚えることもあります。

-日本と韓国において、ダンスの大きな違い
KyonA:特にガールズグループ(女性歌手)に関しては、韓国は「Sライン」を強調する動きが多いと感じています。

-好きなK-POPグループとその理由
KyonA:好きなグループはたくさんありますが、特に「4Minute」のヒョナが好きです。まだ若いのに、パフォーマンス力に優れていて、目力がすごい! 
MAKI:グループではありませんが、1番好きなアーティストはRain(ピ)です。彼を知ってからは、バックダンサーになることが夢となり、今でもその夢を追い続けています。今は(Rainが)兵役中なので、ステージを見ることができず残念です…。今は「2PM」も好き! こうして見ると、わたしはJYPの音楽が好きなようです。洋楽のような音に斬新な振り付けが組み合わされているので、踊ってみたくなります。
MIZUHO:「SISTAR」です。かっこよくて、かつセクシーなので見とれてしまいます。わたしの憧れです! 
SAYU:「BIGBANG」と「2NE1」です。音楽、ファッションなど個性が強いところに惹かれます。

-目指すダンスチーム
KyonA:韓国のアーティストと共演したり、日韓交流関係のイベントに出演したりしていきたいです。また、ダンスボーカルの魅力を伝えられるようなチームを目標にしています。「4C」は、ダンサーや歌手など、さまざまな本業をもつメンバーが「K-POPで踊りたい! 」をキーワードに集まっているので、この気持ちを土台にそれぞれの目標も叶えていきたいです。

-これからダンスを始めたいと思っている方へ
KyonA:何よりも楽しむことが一番大事だと思います。
MAKI:K-POPダンスは普通のダンスと違い、踊ったことがなくても真似したくなる動きだと思います。とても楽しいジャンルなので、踊って楽しみましょう! 
SAYU:「踊ってみたい! 踊りたい! 」という気持ち、そして何より楽しむ事が大切だと思います。
MIZUHO:「踊ってみたい」と思ったら迷わず踊ってみましょう! きっとハマっちゃいますよ。ダンスは、楽しんだもの勝ちです! 

-これまでの主な活動
<メディア関連>
テレビ東京「この辺トラベラー」出演
TokyoMX 「そこウサ! トーク」出演
NHK 「熱中スタジアム k-pop night編」出演
韓国YTNニュース/KstarKBS「ドキュメンタリー」3日間の密着取材など

<イベント・大会>
「韓国歌謡コンテスト」関東地区大会3位、全国大会出場(2009年8月)
「韓国歌謡コンテスト」ゲスト出演(2010年、2011年)
「Brown Eyed Girls」日本1stコンサート(オープニングアクト)
フジテレビ「お台場合衆国」
「Kpop Road Show」にて「T-ara」と共演
「K-POP COVER DANCE FESTIVAL」日本オフィシャルサポーター「KARA」と共演
「2011年日韓交流おまつり」K-POPダンスメドレー総監督
「~元気ガラガラGo!! 祭~」in Koreaなど

 なお、リーダーのKyonAは2011年12月にCDデビューを果たしたK-POP風ユニット「Lupin」のメンバーとしても活動。韓国語の空耳を取り入れ、自ら作詞を担当するなど多彩な才能を発揮している。また、MAKIはクラブのショーや舞台でバックダンサーとして活動、振り付けも担当。「SMAP」や「AKB48」をメインとしたアシスタントをしている。今後は、韓国でダンサーとして活動することを目標に日々、夢に向かって邁進中だ。
2012/06/08 9:50:47 入力





【東方神起の関連ニュース】

1

V(BTS)、FILAのCM映像でカメレオンの魅力発揮、「CMが映画のよう」

2

「BTS(防弾少年団)」JIN、世界で最もイケメンなリンゴを公開

3

歌手ペク・イェリン、太ももから腕まで破格タトゥー公開“強烈”

4

「BLACKPINK」、デビュー5周年記念映画「BLACKPINK THE MOVIE」が世界約100カ国で公開確定

5

チャ・ウヌ(ASTRO)、蛍光スニーカーも相性抜群…ニットベストで彼氏風ファッション

6

「PENTAGON」、日本を揺らす…「DO or NOT」楽天ミュージック1位

7

「ペク・ジョンウォンの国民食」、7月に初放送…ペク・ジョンウォン×「SJ」キュヒョンの美食旅

8

歌手ペク・チヨン、番組で率直告白「結婚前、飲み+歌+踊りが大好きだった」

9

「GOT7」BamBam、ソロアルバム「riBBon」の発表記念ショーケースをオンラインで開催

10

[韓流]BTSの日本ベスト盤 発売当日出荷110万枚超え
会社紹介 | プライバシーポリシー | 利用規約 | ニュース販売
wowKpopを見て、最新の韓国歌手KPOPアーティスト情報を探そう!
Copyright(C) 2004-2021 AISE Inc. All Rights Reserved.